風俗VR動画シリーズ
輝き 銀座七丁目店 リイナ

 銀座リイナさんのプロフィール

名前
銀座リイナ
年齢
24歳
サイズ
T:151 B:93(G) W:54 H:81
在籍
輝き 銀座七丁目店

 風俗VR インタビュー

普段できないことをしたいから・・・

風俗VR動画の第18弾に登場するのは輝き銀座七丁目店のリイナさんです♪大きな瞳と細くて靭やかな体つき、更にはGカップもあるという大きな胸♪こんな素敵な女の子とスケベな事ができちゃうなんて。。。羨ましすぎます。

こんにちは。そんな大きな瞳でまっすぐ見つめられると、ちょっと照れちゃいます。
ははは!(笑)
目が大きいって言われますよね?
そうですね。でも整形してるとかちょー言われるんですよ。「してないから!」って言うんですけど。過去の写真とかめっちゃお客さんに見せて。
大きいとそう思っちゃうんでしょうね。大きいと言えば、おっぱいは93センチのGカップなんですね!いつぐらいから大きくなったんですか?
私、スリーサイズが小学校5年生からあまり変わってないんですよ。顔も身長も。
小学校!?
小5でEかFで、それぐらいからあまり変わってません。
なんと、小学生で完成してたんですね!周りの男の子とか、触ってきたでしょう?
だから私プールのときとかは、入ってなかったんですよ。「生理だから」とか言って。あとニップレス貼ったり。スク水だと透けるから。
そうなんですねぇ。おっぱいは大きいけど、肩とかめっちゃ細くて、スレンダーですよね。
でも私めっちゃ食べるんですよ。一日5食とか。一回の量も多くて、ラーメン、餃子、半チャーハンとかめっちゃ食べるんです。
へぇ~!燃費が悪いんですね(笑)。
あはは(笑)!そう!外車みたいな感じ(笑)。プリウスではない。プリウスになりたいです。
食費がかかっちゃいますね。
でも毎日自炊してるんで。いっぱい作って冷凍してます。
じゃあ料理は得意なんですね?
一通りなんでもできますね。
好きな人に料理をふるまうとしたら、どんな食事を出します?
んー!お味噌汁は大事ですね!お母さんの味と近いと男性は喜びますね。
確かに!じゃあ男の人もたくさん食べる人のほうが好きですか?
そうですね!「おかわり」とか言われると嬉しい。食べない男子とかダメなんですよ、私。だからガリガリな人よりも、ガッチリしてて、スポーツとかしてるような、健康的な人が好きですね。
じゃあスポーツマンタイプの男性の血管とか見ると、ムラってきちゃったりする?
別にムラっとはこないかも(笑)。
ふむふむ、じゃあどんなときにムラっときます?
私、奉仕するのが好きだから、喜ばれることに喜びを感じるんですよ。
なるほど。相手が興奮してるのを見て楽しんじゃうタイプだ。
だからアンケートに「攻め派」って書いたんですけど、奉仕型Mなんですよ。
ふむふむ!ところでアンケートのメッセージの欄には、「エッチな事も、お話しする事も大好き」って書いてくれてるけど、おしゃべりが好きなんですね。
会話が大事だと思うんですよ。会って、すぐ「シャワーいきましょう」って、私が男のひとだったら嫌だろうなって思うんで。会話でちょっとワンクッション置くようにしてるんです。でもあまり長くてもあれだから、もし60分だったらじゃあ何分を会話に使って、って考えてますね。
ちゃんと考えてるんですね!すごいなぁ。あとメッセージのところに「リイナワールドを楽しんで下さい」ともありますが…
私のワールドを作るんですよ♪人間て、第一印象が3秒で決まるじゃないですか?だから部屋に入って、5秒以内に自分のワールドに惹き込むようにしてます♡
なるほど!かなりのテクニシャンだなぁ。たとえばどんなテクニックをお持ちで?
例えば・・・パイズリとか♪パイズリの時にローションをつけてヌルヌルにしてとか♪あと、視覚でも聴覚でも楽しめるプレイをします。奉仕をすることが好きなんです♡
エッチなことのプロなんですね!
だから、そういったことを喜んでもらえるお客さんなら、私と合うと思います♪潮をふかせるのも好きだし。遊びに来るってことは、普段できないことをしたいから来るわけじゃないですか?だから、普段はできないことをしたいなぁと思ってます♪

気になった娘は
実際に呼んでみよう!

VR動画の楽しみ方

VR動画はパソコンやスマホ、タブレットで閲覧できます。マウスや指を使って動画を上下左右にドラッグしたり、スマホやタブレット端末を様々な方角に向けることで、360°に広がる映像をお楽しみいただけます。そのままでも楽しめますが、VR動画を最大限楽しむならスマホ用のVRゴーグル(HMD)を使うことをオススメします。まるでその場にいるかのような臨場感で、よりバーチャル・リアリティの世界観に没入することができます。1000円代のものもあるので、まだお持ちでない方はこれを機に手に入れてみてはいかがでしょう?

TOP